BHS式学習法

インプット(情報を入れる作業)とアウトプット(情報 を引き出す作業)の質を高めることで学習効果を最大限に高めることができる学習法です。授業ではインプットに特化することで、トレーニングタイム・ 演習道場におけるアウトプットが際立ちます。また、BHS模試で学習内容定着度を個人レベルで確認することで、専属トレーナーによる、個人面談の質を高めることができます。

地域TOP校合格へと導く
4つのポイント

  • point15教科総合指導+トレーニングタイム

    専用教材

    BHSのクラス指導カリキュラムは週2日の通塾で5教科指導。さらにトレーニングタイムと呼ばれる演習指導で仕上げます。 BHS専用の教材とカリキュラムでトップ校合格を目指します。

  • point2ステップアップ式授業展開

    各教科の授業は、毎回が設定偏差値60からスタートします。その後、階段を上がるようにレベルを上げ、授業の最後には設定偏差値75に到達し完結します。常に「向上心」を持てる空間を演出し続けます。

  • point3BHS模試

    個人診断表

    定着度確認のための塾内定期試験。塾内での既習内容定着を確認するだけでなく、「弱点発見」「短期目標の設定」「時間感覚の向上」など、受験に必要な多くの要素を学ぶことができます。

  • point4専属トレーナー

    お子様に授業者の一人が担任と してサポートするシステムです。 面談や学習相談はもちろんのこと、日々の悩み等の相談もでき、万全の体制で受験まで導くことができます。